お知らせ

アライズイノベーション、AI OCR「AIRead」の新バージョン3.2をリリース

– オンプレミス環境で教師データ自動作成機能を搭載しAI OCRの自己学習能を容易に実現 –

当社は、AI OCRの新バージョン「AIRead Ver. 3.2」を2021年12月15日より販売開始いたします。
新バージョンでは文字学習機能を強化し、オンプレミス環境でAI OCR用の教師データを自動作成する機能を提供いたします。これにより、お客様の環境で継続的な識字率の向上が容易に実現できます。
また、今後もAIReadは「自動化」をテーマに、文字の自動学習、既存システムへの自動連携など、お客様の業務効率化・自動化を実現するためのソリューションを開発・提供してまいります。

教師データ自動作成から追加学習のイメージ

処理の流れ

  1. AIReadの実行
    AIRead(AI OCR)を実行します。
    オンプレミス環境下に、読み取り結果が出力されます。
  2. 誤読個所の修正
    読取結果をAIRead Viewerで確認します。
    誤読のあった個所はAIRead Viewerで修正・保存し、CSVファイルに出力します。
  3. 教師データの自動作成
    修正された箇所の文字画像ファイル、修正後の値が、それぞれ教師データ、正解データとして蓄積されます。
    修正の都度、オンプレミス環境に教師データが蓄積されていきます。
  4. 追加学習の実行
    蓄積された教師データ、正解データを用いて、追加学習を実行します。
    学習後に作成されたモデル(AIエンジン)を更新することで、識字率の向上が期待できます。

なお、今回のバージョンでは「手書き数値」が教師データ自動作成の対象となります。
今後、他の文字にも順次対応してまいります。

提供開始時期

2021年12月15日 より

販売価格

AIRead ソフトウェア(買取型の場合)
製品名初期費用(ライセンス費用)年間保守費用
AIRead Stand-alone1,056,000円  / PC211,200円  / PC・年
AIRead Standard3,960,000円  / サーバ792,000円  / サーバ・年
AIRead Enterprise5,280,000円~ / サーバ1,056,000円~ / サーバ・年

※金額は全て税込みです

AIRead 推奨利用環境

AIRead Stand-alone
OSWindows 10
CPU2 core (推奨 4 core) 以上
メモリ8 GB (推奨 16 GB) 以上
HDDSSD 50 GB 以上の空き領域
AIRead Standard / Enterprise
OSWindows Server 2016 / 2019
CPU2 core (推奨 4 core) 以上
メモリ16 GB (推奨 32 GB) 以上
HDDSSD 100 GB 以上の空き領域
スキャナ
接続方法USB または LAN
解像度300 dpi
カラー設定グレースケール または フルカラー
ファイル形式PDF, JPEG, PNG, TIFF

初月無料キャンペーン

初月無料のトライアル利用が可能です
お申し込みは以下より必要事項をご記入下さい。

お問い合わせ先

※本リリースに記載されているその他の社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。

タイトルとURLをコピーしました